松山アーバンデザインセンター

イベント

今むかし まちなか地図めぐり

日時
2017年8月21日(月)
13:00~14:30
場所
もぶるテラス(集合場所)、てくるん(解散場所)
主催
てくるん、UDCM
イベントチラシを見る
台風接近のため、8/7 → 8/21に日程を変更いたしました。

まちコミュスポット「てくるん」との夏の合同イベントです。年長さんから小学生を対象としたまち歩きを実施します。

坂の上の雲ミュージアム館長の松本啓治先生から、江戸時代の地図や昔のまちのお話を聞いた後、昭和30年代の地図を片手に、まちを歩き、ナゾ探しをします。「おじいちゃんやおばあちゃんが子どもの頃から、今も残るお店とは?」「昔は川があったって本当?」など。事前に、お父さんやお母さんと、昔のお店の思い出を話しておくと、より楽しめるかもしれません。
地図の中には、知らない商店街がいっぱいです。みんなで探しに行きましょう!

●講師:松本啓治先生(坂の上の雲ミュージアム館長)
●対象:年長さん~小学生(施設までは、保護者が付き添ってください)
●参加費:無料

お申し込みは、てくるんへ。
TEL 089-904-5728

「てくるん」のイベントページ&申込フォームはこちら▽
https://www.tekurun-matsuyama.com/イベント情報/29-8月イベント情報/地図めぐり/

当初予定していた8月7日が台風で急遽延期となり、8月21日の開催となりました。
まずは、松山アーバンデザインセンター・もぶるテラスにて、坂の上の雲ミュージアム館長の松本啓二先生による、松山のまちの成り立ちにまつわるお話からスタートしました。

そして、いよいよ、まち歩き。手にしているのは、昭和32年代の住宅地図です。60年前と変わらず残っているお店に印をつけていきます。

各班には、謎を出題しており、それも解き明かしていきます。このたぬきもその一つ。

てくるんに到着。大きな地図に、まち歩きで見つけた、60年前から残るお店に色を塗ります。

各班、発見したことの発表も行いました。

日野二郎文化・観光委員長(一般社団法人お城下松山)による、当時から現在のまちのお話に、子どもたちも熱心に耳を傾けていました。

最後にMAPの展示が完成です。参加いただいた子どもたちからは、「楽しかった」「昔と今では、全然違うことが分かった。昔から残っているものがたくさんあってびっくりした」などの感想をいただきました。夏休みの自由研究に活用してくれたお子さんもいたそうです。

ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

  • 交わる みんなのひろば

    交わる
    みんなのひろば

  • 知る もぶるテラス

    知る
    もぶるテラス