松山アーバンデザインセンター

イベント

大人の絵本講座

日時
2017年9月27日(水)
18:30~19:30
場所
もぶるテラス
主催
UDCM
イベントチラシを見る

子どもから大人まで、笑顔が溢れるコッコ・サンのおはなし会。その独自の絵本の読み聞かせ術を森本さんから直接学びます。また、自分が持ってきた絵本について語り合うという、絵本の世界が広がる夜の時間です。毎月第4水曜の夜開催予定。

■日時:9月27日(水)18:30~19:30
■場所:松山アーバンデザインセンター もぶるテラス
■対象:大人、学生。読み聞かせを学びたい人
■持ってくるもの:読み聞かせしたい絵本
■要予約(お電話かメールでUDCMにご連絡ください)
TEL 089-968-2921 E-mail udcm.matsuyama@gmail.com

毎月第2水曜の夜に開催している「大人の絵本講座」。

9月のスタートは、『しろくまのパンツ』と『だるまさんが』。絵本の専門店コッコ・サンの森本ちかさんが、いつも子ども向けの絵本ライブで読む人気の絵本ですが、それを大人バージョンにアレンジした読み方で楽しみました。

そして、皆さんの持ち寄った絵本を紹介。何だか土の匂いやぬくもりが感じられる絵本、仏像に親しみを感じられ、お寺巡りが楽しくなる愉快な絵本、ハロウィンの前に読んであげたくなる、ちょっと不気味ながらもその世界に引き込まれる絵本、幸運の兆しに耳を澄ませたくなる絵本、ページをめくるごとに夜明けの訪れを感じる心穏やかになれる絵本などなど。

最近、泣いたことはありますか? 大人になったら泣かなくなるのはなぜ? 泣くってどういうことなんだろう。そんなことも考えるきっかけになりました。そして、読後に、善悪とは? やり場のない怒りはどうすれば救われるのだろう――、そんな複雑な思いにとらわれる1冊もありました。絵本の世界、奥が深いです。

そして、松山アーバンデザインセンターライブラリーへの蔵書投票には、『南の島の恋の歌』が選ばれました。繊細で温かみのある絵と詩に、癒されること間違いなしです。入荷いたしましたら、ぜひ、お手に取ってみてください。

最後に、絵本セラピーともつながる森本さんのお薦めの本を紹介。『人は、人を浴びて人になる 心の病にかかった精神科医の人生をつないでくれた12の出会い』(著:夏苅 郁子)。コッコ・サンでも販売中です。次回(10/25)はこの本の感想も語りたいと思いますので、またのご参加をお待ちしています。

 

<本日の絵本>

  • しろくまのパンツ(作:tupera tupera)
    だるまさんが(作:かがくい ひろし)
    だいぶつさまのうんどうかい(文:苅田 澄子、絵:中川 学)
    南の島の恋の歌(作・絵:Cocco)
    幸せを招く世界のしるし(著:米澤 敬、イラスト:出口 春菜)
    あな(作:谷川 俊太郎、絵:和田 誠)
    ないた(作:中川 ひろたか、絵:長 新太)
    チリンのすず(作・絵:やなせ たかし)
    DAWN (著:Uri Shulevitz)
    魔女ひとり(作:ローラ・ルーク、絵:S.D. シンドラー)
  • 交わる みんなのひろば

    交わる
    みんなのひろば

  • 知る もぶるテラス

    知る
    もぶるテラス