松山アーバンデザインセンター

イベント

星空散歩 火星大接近の日

日時
2018年7月31日(火)
18:30~21:00(受付開始 18:00)
場所
もぶるテラス、石手川周辺
主催
松山アーバンデザインセンター(UDCM)
イベントチラシを見る

☆定員に達したため星空散歩の受付は終了しました(2018/7/25)☆

今回で5回目となる星空散歩、今回は石手川周辺まで散歩して星を見ます!
2018年7月31日は、約2年2ヶ月ぶりの火星大接近の日です。
愛大 天文学研究会の望遠鏡をのぞいて、一緒に月や火星を観察しましょう!

開催日時:2018年7月31日(火)18時半~21時頃
集合場所:松山アーバンデザインセンター(もぶるテラス)
集合時間:18時半(18時受付開始)

参 加 費:無料
対  象:小学生以上(小学生は保護者同伴)先着20名程度 ※要申込

内  容:
晴天時(もぶるテラス・石手川周辺にて)
・夏の星空案内
・石手川周辺まで散歩・望遠鏡をのぞいてみよう!
雨天時(もぶるテラスにて)
・愛大天文研のプラネタリウムで夏の星空案内
・天の川をつくろう!(ワークショップ)

※お申し込み・お問い合わせ先
松山アーバンデザインセンター(UDCM)
〒790-0012 松山市湊町3丁目7-12
TEL:089-968-2920 E-mail:udcm.matsuyama@gmail.com

7月31日に開催した「星空散歩」、無事終了しました!

今回で5回目となったこの企画、火星大接近の日に開催しましたが、おかげさまで今回も37名もの方に参加していただきました。平日開催だったこと、広報開始時期がいつもより遅かったことで参加者が集まるか不安だったので、こんなに多くの方が来てくださったのは正直驚きでした。いつもありがとうございます。
まちなかでも意外に星は見られること、十数年ごとの天文現象をタイミングよく楽しめること、などを知ってもらえたら、また少しでも宇宙や天文に興味を持ってもらえたら、と思い企画しました。

前半はもぶるテラス内で夏の星空案内と惑星の話をしました。国立天文台が提供しているフリーソフトMitakaを使い、今夜見られるであろう星座や惑星の解説を行いました。
今回は話の進め方を少し変え、スライドはほとんど写真にしたり、クイズを多めにしてみたりと、参加者のみなさまとより多く対話できるようにしてみました。どんな影響があったか分かりませんが、少しでも親しみやすくなっていたらと思います。
話の進め方、見せ方は何度やっても難しく、混乱させる話をしてしまったところもあったと思います。私の知識不足・準備不足が原因かと思うので、もっと勉強します。私を宇宙好きにさせてくれた学芸員さんたちみたいになるのが目標です。

後半は、散歩しながら石手川の河川敷へ移動し、観望会を行いました。今回はUDCMの先生方と、私の所属する愛媛大学天文学研究会の後輩にお願いして、望遠鏡を2台用意してもらいました。惑星が一晩でたくさん見られる時期に、望遠鏡をのぞいて惑星の模様や形を見てもらいたかったからです。
移動中は 参加者とスタッフの良い交流の時間でもあるのですが、今回もすてきな時間でした。参加しようと思われたきっかけや、宇宙や星空への興味、星空に関する思い出など、短時間ではありますがお話を伺うことができました。
観望会では、望遠鏡をのぞいてもらったり、寝転がって眺めてもらったりしました。シートに寝転がって見るのは毎回やっているのですが、普段なかなかすることがないということで今回も良い反応をいただきました。また、木星の縞模様とガリレオ衛星、土星の環、赤い火星などを望遠鏡で見ていただきましたが、肉眼ではわからないおもしろさを感じていただければと思います。

今回もあっという間の2時間半でした。上手くいったこと、失敗したこと、たくさん考えることもありました。憧れの学芸員さんたちにはまだまだ届きませんが、はじめよりは近づいたと思います。これからも追い続けていきます。
このイベントを企画する上で毎回思うのは、参加してくださったみなさまに 何か少しでも持ち帰って思い出にしていただけたら、ということです。少しでも宇宙や天文のおもしろさを伝えていきたいです。

本当にありがとうございました!次回もどうぞお楽しみに!

文責:伊藤
運営(もぶるテラススタッフ):柳原、四戸、柴田、板東、佐川、矢野、石丸、黒田、渡部、薬師神
協力:愛媛大学天文学研究会

  • 交わる みんなのひろば

    交わる
    みんなのひろば

  • 知る もぶるテラス

    知る
    もぶるテラス