松山アーバンデザインセンター

イベント

みつはま「私のまちの写真展」

日時
2016年10月26日(水)~30日(日)
10:00~17:00
場所
「木村邸」愛媛県松山市三津1丁目11-5
主催
松山アーバンデザインスクール「三津(みつ)けた!私のまちの写真館プロジェクト」
イベントチラシを見る

アーバンデザインスクールの受講生によるプロジェクト『三津(みつ)けた!私のまちの写真館プロジェクト』。

愛媛大学、松山大学の学生4人で取り組んでいます。

このプロジェクトでは
第一弾にて、現存する「かつて」の三津の写真を地域の方々から収集しました。
第二弾では、地域の方々と「いま」の三津の姿を写真に収めました。
そして、今回いよいよ第三弾として
『過去』と『現在』の写真をつかい、写真展を開催します。

写真展の場所は、三津にある『木村邸』
木村邸だけでも訪れる価値があります。

そこに数々の写真を展示します。
10月26日(水)〜10月30日(日)
10時〜17時
木村邸 松山市三津1丁目11-5

入場は無料です。
ぜひお越しください。

こんにちは。

松山アーバンデザインスクールのスクール生、高原正樹です。

先日、10月26日から10月30日までの5日間、私を含めた4人のスクール生は、「みつはま『私のまちの写真展』」を開催致しました。これは、私たちが三津の活性化のため行なった企画の第3弾に当たります。

第1弾では地域のみなさまからの三津の昔の写真の収集を行い、第2弾では三津の現在の様子を地域のみなさまと共に撮影する、写真撮影会を開催してきました。そして第3弾の写真展では、第1弾、第2弾にて集まった写真約4000枚の中から、私たちが選んだ作品約600点を展示しました。

その3つの企画を総括したプロジェクトが、「三津(みつ)けた!私のまちの写真館」です。このプロジェクトの目的は、「少しずつ失われていく三津の風景を守るため、内外に対して三津の魅力を発信することで、その魅力を再発見してもらうこと」です。これは私たちだけでなく、地域の皆さまからのご要望でもありました。

企画内容は、「いま」と「むかし」の写真を展示しただけではなく、実際に撮影に使用したカメラやフィルムも展示したため、充分にボリュームのあるものになったかと思います。さらに、レイアウトや展示作品数も、開催期間中に随時更新していくことで、複数回来場いただいても満足いくように工夫を凝らしました。そして、アンケートに回答いただいた方には帰り際にポストカードも配布し、入場無料だからといって、最後まで決して手を抜かないクオリティを維持してきました。

その甲斐あってか、今回の写真展では、のべ約100人もの来場者を迎えることができました。

1人でじっくりと観られる方、思い出話に花を咲かせる方など、皆さま思い思いの楽しみ方をしていらっしゃいました。その姿を見ると、私たちのこのプロジェクトの目的は、幾分かは達成出来たのではないかと感じました。

しかし、このプロジェクトをここで終わりにしてしまっては、一時的な活性化にしかなりません。古い建物が年々老朽化によって壊されおり、私たちが写真に収めた風景も数年後には消えてしまう可能性があります。今回の写真展の主な客層は60~80代の年配の方々でした次は若い世代に三津の魅力を伝承する企画が必要だと考えています

第4弾として現在考えているのは、写真展にて展示した写真を使用して、お子さんにも読みやすいストーリー付きの写真本を作成する、というものですが、それをどのように実現するかはまだ検討中の段階にあります。松山のまちづくりのため、三津のために、これからも尽力していきます。

このプロジェクトにおいては、松山アーバンデザインスクールの先生方、三津浜支所の方々、そして三津にお住まいの地域の皆さまに、多大なるご助力をいただきました。プロジェクトメンバーのほとんどが、このプロジェクトに関わるまで三津についてほとんど無知であったため、大変な苦労を掛けてしまったことと思います。皆さまには、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

学ぶ アーバンデザインスクール

学ぶ
アーバンデザインスクール