松山アーバンデザインセンター

イベント

旅する屋台 in ふたみ

日時
2016年8月20日(土)
17:00~21:00
場所
ふたみシーサイド公園(伊予市双海町)
主催
まちづくり学校双海人

 「旅する屋台」の第一弾は、8月20日(土)に伊予市双海町に出動することになりました。

貸出先は、まちづくり学校双海人(ふたみんちゅ)。
「しずむ夕日が立ちどまる町」として知られる双海町で活動する、地域活性化を目指した学びと実践を行う住民団体です。特産品開発やコミュニティビジネス、地域コミュニティサロンなど、さまざまな取り組みを行っています。

伊予灘に沈む夕日は絶景ですが、そのような地域の魅力を生かしたビアガーデンが、まちづくり学校双海人の皆さんによってオープンします。初のビアガーデンの試みに、モバイル屋台がどのように使われるのか、楽しみです!

写真は、ビアガーデンの会場でもある、ふたみシーサイド公園にて過去に開催された「ふたみTフェス」のものですが、今年のTフェス作品の募集も締め切り間近です。お見逃しなく!

一夜限りのビアガーデン@ふたみシーサイド公園▽
https://www.facebook.com/events/295027354190583/

ふたみTフェス▽
https://www.facebook.com/futami.tfes/home

【旅する屋台 in 双海 報告】
モバイル屋台の旅の第1号は、伊予市双海町。
8月20日に、ふたみシーサイド公園で、まちづくり学校双海人&海の家コラボによる、シーサイド・ビアガーデンが開催され、そこで活用していただきました。

写真は、その様子ですが、夕日と屋台、そして浴衣美人がつくるドリンク。双海の皆さんや訪れた方に好評だったようです。伊予市双海町は、しずむ夕日がたちどまる町と言われていますが、その魅力を存分に活かした、地域のイベントであったことが伝わってきます。

双海人の皆さん、屋台を活用していただき、ありがとうございました。今後も、モバイル屋台を借りてくださる方を募集していますので、ご興味のある方はご連絡ください。

双海町では、9月3日(土)に、JR下灘駅にて「夕焼けプラットホームコンサート31」が開催されます。下灘駅のプラットホームがステージとなり、伊予灘にしずむ夕日と地域の人々の想いが一つとなる、心温まるひとときです。地域づくりに関心のある方には参考になる部分がたくさんある、手づくりのイベント。プログラムの途中に、電車が通るというのも、鉄道ファンにとっては見逃せないシーンのはず。こちらもお見逃しなく!

JR下灘駅フィールドミュージアム運営委員会▽
https://www.facebook.com/shimonada/?fref=ts

  • 交わる みんなのひろば

    交わる
    みんなのひろば

  • 知る もぶるテラス

    知る
    もぶるテラス