松山アーバンデザインセンター

イベント

地域を応援するお母さん集団

日時
2017年1月14日(土)
13:00~15:00
場所
もぶるテラス
主催
UDCM
イベントチラシを見る

「週末はまちなかで子育てをまなぶ」の第5回目は、伊予市から、キョロキョロ隊の川口和代さんはじめ、メンバーの皆さんをお招きして、お話いただきます。テーマは「地域を応援するお母さん集団」。

キョロキョロ隊とは、伊予市をキョロキョロして、良いところや人を発見して応援する、元気なお母さんたちのネットワーク。割烹着がトレードマークです。その始まりは、港南中学校を卒業する子どもたちに、合唱団を結成して歌のプレゼントを贈ったこと。それは現在もなお、続いています。

100名を超えるメンバーの中には、見知らぬ地に嫁いで子育てをした方や、子育てと介護の両方に奮闘した方もおり、そのような経験談をお話いただき、地域でできることを考えます。経験豊富なお母さんたちに、あなたの悩みを投げかけてみませんか?

 

お申し込みは、メール(udcm.matsuyama@gmail.com)もしくは、ホームページのお問合わせフォームに、お名前、お電話番号、メールアドレス、所属(学校名や勤務先など)、参加希望の講座名をお書き添えの上、ご連絡ください。託児(3歳以上のお子様)のご利用希望の方は、お子様の年齢もご連絡ください。お申し込みをお待ちしています。

【週末はまちなかで子育てをまなぶ 終了】

1月14日(土)、大寒波が襲来する中、伊予市からキョロキョロ隊の皆さんにお越しいただきました。テーマは、「地域を応援するお母さん集団」。

IMG_0156

まずは、キョロキョロ隊の誕生秘話や現在の活動内容を隊長の川口和代さんに語っていただきました。

IMG_0157

きっかけは、川口さんが伊予市立港南中学校のPTA役員であった時代に始まった、タイムレター行事(3年生が書いた20歳の自分に宛てた手紙を保管し、成人して受け取る)。そこで、子どもたちに歌のプレゼントを贈ったところから始まっています。その活動は、十数年経った今も、現役・OGを含めた親の皆さんで続いています。現在では、100人を超える隊員が、川口さんを通してつながっており、スポーツが得意な人は駅伝に出場したり、手芸の得意な人はバザーで手づくり品を販売したりなど、それぞれ得意分野で活動しています。商店街のお祭りに参加して地域を盛り上げたり、市内では知名度も上がり、子どものイベントを盛り上げてほしいと声がかかることも。一度引き受けたら、どんなことでも力いっぱい楽しむのがキョロキョロ隊スタイルです。

IMG_0158IMG_0159

「子育てがひと段落して、自分たちの居場所がほしかったのかな」(川口さん)。その居場所が、十数年続き、今も広がりを見せているのは、キョロキョロ隊が、ピラミッド型で会則があるような組織ではなく、広くゆるやかにつながるネットワークだからなのかもしれません。

 

そんなキョロキョロ隊の隊員の皆さんに、子育てについて実体験を元に語っていただきました。二世帯同居、転勤、子育てと介護、病気と子育て、子どもの発達、母子家庭、習い事……と、話題は多岐にわたり、様々なキョロキョロ隊語録が飛び出しました。

  • 「まずは、自分が楽しむこと。そうすれば、子どもも安心できるし、楽しめる」
  • 「いかに頼れる人を見つけるかが大事」
  • 「(転校の話題で)子どもの拠点をいつつくるか、その時期の見極めは大事」
  • 「(子育てと介護、両方が同時にトラブルになった時)瞬時にどう動くか、その判断が難しい。立場の弱い子どもが後回しとなり我慢させてしまいがちになる」
  • 「頼れるところは頼り、自分で抱え込まない。友達をつくろう」
  • 「自分が頑張りすぎることが家族にとってよくないことも」
  • 「気軽に話せる場が必要」
  • 「子どもの良いところだけを見てあげると、子どもは自分はこれでいいんだと思えるようになる」
  • 「その子を良いところも悪いところも100%受け入れられるのは、親だけ」
  • 「(習い事の話題で)親子が一緒になって泣く、笑うことができる」
  • 「上手に親(舅・姑)を頼って欲しい」
  • 「体は食べるものからできるけど、人は経験でつくられる」

 

そして最後に、語った隊員の方の言葉が印象的でした。「隊員みんな、子どものために何かしたいという想いがある。だから、お世話になっている学校に恩返しがしたいし、それが回りまわって子どものためにもつながる。子どもがいたからこその出会いだった」

キョロキョロ隊の皆さん、熱いトークとお悩み相談にお答えいただき、ありがとうございました。

IMG_0166

2階の託児コーナーでは、NPO法人ワークライフ・コラボの学生スタッフの皆さんが、子どもたちとダンボールで羽子板をつくり、風船を使って羽根つきを。講座が終わっても、寒空のひろばに出て遊ぶ学生と子どもたちの様子が微笑ましかったです。次回は節分を取り入れようかなどと企画を考えているようですので、お楽しみに。

 

次回は、1月28日(土)13時からです。連続講座の最終回となりますので、お見逃しなく!

 

「週末はまちなかで子育てをまなぶ」HPを開設しましたので、こちらもご覧ください。https://shumatsu-machinaka.jimdo.com/

  • 交わる みんなのひろば

    交わる
    みんなのひろば

  • 知る もぶるテラス

    知る
    もぶるテラス