松山アーバンデザインセンター

都市空間デザインマネジメントとは

都市空間を「つくり」、「育てる」

居心地の良い、質の高い都市空間を「つくり」、「育てる」ことを都市空間デザインマネジメントと言います。松山アーバンデザインセンター(UDCM)は、まちづくりの専門機関として、松山のまちなかの再生に向けた都市空間デザインマネジメントの役割を担っています。

質の高い都市空間の創出

質の高い都市空間を創出するためには、行政やコンサルタント、デザイナー、店舗、企業、市民等、多様な関係者が連携して取り組むことが不可欠です。しかし、アーバンデザインの現場では、立場や個人の考え方の違いもあり、合意形成を行うことは容易ではありません。そこで、UDCMがその専門的知識を生かして、関係者の協働・連携を主導し、質の高い都市空間の形成に向けた取組みを支援しています。

都市の更新

現在、松山市では、道後温泉地区活性化、花園町通り空間整備、JR松山駅周辺土地区画整理、銀天街L字地区再開発等が同時並行で進みつつあります。これらは、松山の将来の都市構造を大きく左右する事業であり、松山という都市を大きく更新する時期に差し掛かっていると言えます。こうした空間をいかに魅力的な空間に仕上げ、まちなかの再生に結び付けていくか、UDCMの手腕が試されています。

都市ビジョンの検討

しかし、人口減少や少子高齢化社会を迎える中で、課題は多様化・複雑化する一方、国や地方自治体の財政状況は厳しくなっています。今後、まちなかを再生するためには、関係者が将来の目指すべきビジョンを共有し、限られた財源を戦略的に投入することが必要不可欠です。UDCMでは、松山の未来について、行政、市民、企業等と繰り返し議論を深め、松山の目指すべき方向性を指し示すことができる都市ビジョンについて検討を行なっています。

都市ビジョンの検討

研究活動

UDCMでは、都市空間デザインマネジメントを学ぶ場として、アーバンデザイン研究会やフォーラムを開催しています。また、松山のまちの歴史や現況についての調査、国内外の事例研究なども行っています。これらの研究活動の積み重ねは、松山の質の高い都市空間づくりを実現するために必要なものであることから、UDCMの重要な役割のひとつに位置付けられています。

創る 空間デザインマネジメント

創る
空間デザインマネジメント