松山アーバンデザインセンター

プロジェクト

PROJECT

花園町通り空間改変事業

2017.02.11 UP

第4回花園町通りワークショップの開催

 花園町通り空間改変事業においては、平成27年度に魅力的な歩道空間の活用・管理の在り方やデザインについて、3回のワークショップが開催され、全体のデザイン案とのすり合わせが行われてきました。今年度10月25日(土)に最後となる第4回ワークショップが開催され、植栽を含む歩道空間の利用・管理方法について地元関係者と一般市民、学識経験者、UDCMで議論が行われました。

  • 第4回花園町通りワークショップ
  • 開催日時:平成28年10月15日(土) 13:30~15:30
  • 開催場所:松山市役所第4別館 1階会議室
  • 参加者:36名(内、一般参加者16名)

 

 事務局からの開会挨拶に続き、東京大学大学院羽藤教授より、ワークショップの開催主旨等についての説明、設計領域吉谷氏より、これまでのワークショップの議論等の振り返りと今回の討議内容について説明が行われました。

 その後、グループワークが行われ、植栽を含めた歩道空間の利用・管理方法について話し合いが行われ、以下のような意見が出されました。

  • 町会が分かれている東と西が花園町として一緒に交流の場づくり、植栽の管理、日常の提案等を行っていきたい。
  • いいデザインになっているものの行く目的がないため、イベントなど空間をどのように使っていくのかが大事。
  • 利用者が増えると、ゴミ問題、喫煙場所、吸い殻がたくさん捨てられるのではないかという危惧もある。どのような使い方をするのか、管理のルールをどうしていくのかといったことをこれから考えていく必要がある。

 ワークショップ終了後には、腐蝕のため撤去した花園町通りの銀杏1本を活用して作成した木 札に、正岡子規が残している字体を使用した「花園町通り」の焼印を行うDIYを行い、大いに盛り上がりました。

  

創る 空間デザインマネジメント

創る
空間デザインマネジメント

最近の記事