松山アーバンデザインセンター

プロジェクト

PROJECT

三津浜地区景観まちづくり

2017.02.11 UP

第5回、第6回三津浜地区景観まちづくり勉強会の開催

 「三津浜地区の景観まちづくり」は、平成26年暮れの第1回学習会から始まって、平成28年の6月及び9月の学習会で通算6回を数えることになりました。ゆっくりとした足取りですが、着実に前進し、住民合意のもと、景観まちづくりの手法が理解されつつあります。景観まちづくりの当面の目的は以下の3つです。

  • ・史跡、古民家等の風情ある町並み景観の保全
  • ・景観形成や視点場の位置づけによる来訪者の賑わい(賑わい創出、交流促進等)
  • ・松山市景観計画における景観計画区域の指定に向けた合意形成

 

 平成28年度は、作成済みの「三津浜地区景観まちづくりデザインガイドライン(素案)」の確認の下に、三津浜地区景観計画づくりを進め、景観計画区域の指定に向けて検討しました。

  • 〇第5回三津浜地区景観まちづくり勉強会
  •  日 時 平成28年6月23日 19:00~21:00
  •  場 所 三津浜支所
  •  参加者 松山西部地域開発協議会、平成舟手組、三津浜まちづくり協議会、三津浜クリエーターズ ほか
  •  内 容 三津浜地区の景観計画区域として設定する際の区域の確認や、景観まちづくりを具体的に進めていくた
  •      め、街路や公園に関する景観整備のイメージについて議論しました。

 

  • 〇第6回三津浜地区景観まちづくり勉強会
  •  日 時 平成28年9月8日  19:00~21:00
  •  場 所 三津浜支所
  •  参加者 第5回と同様
  •  内 容 三津浜地区景観計画区域における届出対象行為や景観形成基準、景観まちづくりデザインガイドライン
  •     (素案)の内容について確認しました。また景観まちづくりを進めていくため、具体例としての三津浜緑地の
  •      使われ方について意見交換しました。

 

旧銀行通りの景観(三津2丁目界隈)

 

創る 空間デザインマネジメント

創る
空間デザインマネジメント

最近の記事