2020/9/10

まつやま路上利用プロジェクトのページができました

松山アーバンデザインセンターでは、これまで松山市中心市街地賑わい再生社会実験や移動する建築などのプロジェクトを通じて、公共空間でのプログラムデザイン(公共空間利活用)に取り組んできました。
今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響に対応する取り組みとして2020年6月5日に国土交通省から発表された「沿道飲食店等の路上利用に伴う道路占用の取扱い(2020年11月30日までの緊急措置)」を活用した支援プロジェクト『まつやま路上利用プロジェクト』を実施しています。
上記措置を活用した松山市内最初の事例の概要がまとまりましたので、下記のプロジェクトページにて内容を公開いたします。

 公開ページ:まつやま路上利用プロジェクト

また、松山のまちなかでは、これまでも既存の枠組みの中で、まちなかでの居場所づくりや日常的な滞留を促すことを目指した路上利用の取り組みが実施されております。上記ページにて、あわせてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

一覧へ戻る